パナログ




当たり前のことですが、プラスチックリサイクルを考えるとき、最終的に製品化されるまでの環境負荷を考えなければなりません。

それが、他国であればなおさらのこと、当社では国内リサイクルはもちろん、グローバルリサイクルにおいても、その土地が汚れないようにすることを意識する必要があると思います。

輸出する際にも、他国で汚染が起きないレベルの品質が不可欠だと、「資源プラ品質」で管理を行なっております。

>> 資源プラに関してはこちら、
資源プラサイト