パナログ


最近、自社の広告をするよりも、「資源プラ」の広告が多くなりました。

この「私たちは、廃プラを処理しているのではない、資源プラを製造し続けているのだ」のメッセージは、お客様と歩む上で、当社が最も大事にしている考え方の一つです。

未だに色々な場面で、「廃プラ」という用語が使われるのを聞いて悲しくなるのですが、私たちは「廃プラ」という呼び名を「資源として流通しているプラスチック」に使わない未来を目指しています。



いつもお読み頂きありがとうございます。



詳しくは当社「資源プラ」特設ページまで、

>> 資源プラ特設ページ