パナログ


当社はリサイクル処理機や処理方法の提案をすることで、長年、たくさんのプラスチックリサイクルの仕組みを、お客様と作り上げてきました。



例えば、発泡スチロールリサイクルにおいて、魚箱は廃棄物として「廃プラ」と言えますが、リサイクル処理機で作った「再生ブロック」は、有価物であるにもかかわらず「廃プラ」と呼ばれています。

これでは「廃プラから廃プラを処理している」という意識になってしまいます。

しかしながら「資源プラ」という呼び名があれば、「廃プラから資源プラを製造する」という意識に変わるのではないでしょうか?

「資源プラ」という呼び名を使うことで、意識が変わり、行動が変わり、最終的に品質を押し上げることになり、プラスチックリサイクルの未来は少しでも変わると思いませんか?

わたしたちは、「廃プラを処理する」のではない、「資源プラを製造している」のだ。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

>> 資源プラ特設サイト