パナログ


私たちは長年「リサイクルであっても品質」という考え方をお客様と共有してきました。

この写真は、原料価格が下落し真っ先に売り物にならなくなった「品質感のない」プラスチックが放置されたものです。



プラスチックリサイクルを取り巻く環境は、かつてない規模で大きな変化の時代に突入しました。

この状況下で生き残るには、「処理」から「製造」への意識を高め、高い品質を持つプラスチック資源を「製造」し、安定な流通チャネルを構築・維持する必要があるのです。

もしかしたら、今後「リサイクルたからこそ品質」となるかもしれません。

引き続き、私たちは、プラスチックリサイクルにおいて「高品質な商品」「適切な技術」「必要とされる情報」そして安心を提案し続けていきたいと思います。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。