パナログ


東京都中央卸売市場築地市場のある朝の風景です。

当社の全国発泡スチロールリサイクルシステムは、ここで生まれ、いくつもの歴史を重ねながら、関係する皆様に支えられて、今日まで40年間絶え間なく続いてきました。



松下電工の販売代理店として発足して間もなく、第2次オイルショックで原料が手に入らず途方に暮れていた当社社長が、築地の市場で偶然、廃棄される発泡スチロールが燃やされていた黒い煙を目撃し、原料化できないかとひらめき、悪戦苦闘しながら、リサイクル処理機販売と、できあがった原料買い取りをセットにした仕組みを作り上げてから、ずっとこの築地が、当社のリサイクルのシンボルでした。

築地の移転があと数年、この風景も見られなくなるかと思うと少し寂しくなります。


 >> 発泡スチロールリサイクルページへ