お知らせ


弊社と資源プラ協会が中心となってとりまとめた「バーゼル法令改正まとめシート」をご紹介します。

今後、環境省のホームページQ&Aでも随時更新されて行くと思いますので、このシートは2021年3月バージョンです。



現在、環境省から聞いている該当品と、フィルムなど判断が難しく、注意が必要なものに関してもまとめてあります。

塩ビ、多層フィルム、メッキ品などは該当になりますので、特に注意が必要ですし、フィルム圧縮品も一箇所の製造現場からの発生品でない場合は、基本的に複数のプラスチックが混合していると判断されるので、説明が必要です。

始まったばかりの制度、複雑なところもありますので、輸出の際には、地方環境事務局に直接問い合わせるか、弊社のような専門業者や、専門の機関に問い合わせることをお勧めします。

>>プラスチックの輸出に係るバーゼル法該非判断基準
>>環境省 バーゼル法該非判断基準Q&A

>>資源プラ協会






2021NEW環境展が無事終了しました。

緊急事態宣言下の開催になってしまいましたが3日間、バーゼル法改正後のプラスチックリサイクルということもあり、沢山のお客様に来場頂きありがとうございました。

環境省廃棄物規制課との弊社の犬飼のセミナーも入場制限をかけたこともありますが、大変盛況で発売二日で満席となってようです。

今年も大変みのりの多い展示会となりました!!










NEW環境展が3月17日から19日の日程で、東京ビックサイトで開催されます!

弊社も出展(西2-103)し、例年通り関係するリサイクル処理機メーカーと弊社ブースで一箇所で形成する「プラスチックリサイクルビレッジ」も開催、様々な新しい処理機や取り組みをご案内する予定です。

>>2021NEW環境展

>>プラスチックリサイクルビレッジ


また、前回の東京開催に続き、今回も記念セミナーで弊社の代表の犬飼がセミナーを行います。

「バーゼル法省令改正とプラスチックリサイクル事業の展望」
3月18日(木) 10:00 – 12:30
会 場 東京ビッグサイト 会議棟6階(東京都江東区有明3-11-1)

>>環境展記念セミナー

>>一般社団法人資源プラ協会

月別アーカイブ