株式会社パナ・ケミカル

お電話でのお問い合せはTEL.03-3302-7531

  • お知らせ
  • パナログ
  • お客様の声
  • FAQ
  • お問い合わせ
  • 小さな企業がつなぐ、大きな環の物語
  • 会員ページ

株式会社パナ・ケミカル

  • お知らせ
  • パナログ
  • お客様の声
  • FAQ
  • お問い合わせ

パナログ

パナログ




今年も、NEW環境展で「プラスチックリサイクル・ビレッジ2018」を70小間のスペースで展開いたします。

もう6回目になるのですが、形態は違えど同じ目的を持った8社の企業連携で、プラスチックリサイクルの新しいビジョンを創れることを楽しみにしています!

プラスチックリサイクル・ビレッジのホームページも、ぜひご覧ください!

会 期:2018年5月22日(火) 〜 25日(金)
時 間:10:00〜17:00(最終日は16:00)
会 場:東京ビッグサイト 東6ホール 小間番号:U631


プラスチックリサイクル・ビレッジ サイト



2017年に中国政府が実行した再生資源に対する輸入規制「ナショナルソード」は、日本のみならず全世界のリサイクル業界に大きな影響を与えています。

当社では以前から、品質の低いプラスチックの輸出はできなくなると考え、品質の向上と管理を全国の2000社の仕入先様と進めてきました。

その象徴が、「資源プラ」という考え方であり、ネームングです。

40年間、当社が愚直にやってきたのは、「ただ単に廃プラを有価買取する」のではなく、処理機や処理方法の紹介、市場情報提供を丁寧に仕入先と共有し「資源としてグローバルに流通する資源プラを共に創り上げる」事でした。

今後とも弊社の様々な発信にご期待下さい!

資源プラサイト




当社の応接にはお客様からいただいた置物や縁起物がたくさんあります。

その中に有田焼の犬と猫があります、

本当に丁寧に作られていて、普段は見えない足のに肉球まで再現されています。

私たちもこんな風に、一つ一つ丁寧に仕事を心がけたいと思います。



香港には毎年数回訪れます。

今回は旧正月後もあって、本土の観光客でで賑わっていました。

常に、香港は柔軟にそのスタイルを変えていきます。

そこが香港の魅力であり、強さだと思います。




パナ・ケミカルのリサイクルビジネスの歴史は、ここ築地から始まりました。

年始に皆でここを訪れ当社の一年が始まります。

その築地市場移転も、2018年10月に実行される事になりました。

日本の発泡スチロールリサイクルが始まった築地市場に「ごくろうさま」です。

当社の40年の歴史はこちら >>

当社の40年の歴史






もう、このビルに本社を引っ越して25年が経ちました。

その間に、中国輸入禁止や、リーマンショック、原油価格下落と沢山の事をこのオフィスと一緒に、経験してきました。

毎年きれいにしているのですが、気がついてみると、外壁も随分壊れたり、色があせたりしているので、修繕も行う事にしました。

モノを大切にする、感謝する、とても大事なことだと思います。


当社の歴史についてはこちら、
>>パナ・ケミカル+



当社で数年行なっている活動に「資源プラ」という活動があります。

これは、リサイクルされるプラスチックが、「廃プラ」と呼ばれている間は品質は変わらないという気持ちで、2014年に同業者や有識者、処理機メーカーが集まって作った造語です。無事に商標も取得できました。

グローバルに資源を流通させる事は、地球環境にとって省資源となります。ただ同時に、海外へのプラスチック輸出の品質を資源のレベルまで引き揚げる必要もあります。

この活動が、少しでも業界の未来や低品質のいわゆる「廃プラ」の品質向上になり、社会の一助となることを願います。

資源プラサイト




当社が現在のビルに移ってから25年経ちました。人員の増加や設備の老朽化など、さらなる効率化も考え、オフィスを改装しました。

数ヶ月、社員全員でワイワイと企画し、一週間の短期間に全ての事務機器の入れ替え他ので、慌ただしくやらせていただきました。

おかげさまで、大量の書類や使わないサンプルなど廃棄、断捨離も行え、快適で広々として、仕事のしやすい空間になりました!

お近くにお寄りの際はお立ち寄りください。


当社の歴史についてはこちら、
>>パナ・ケミカル+



今年もヤブランに花が咲きました。
紫の地味な花なのですが、秋の始まりを教えてくれます。

当社の地道な「資源プラ」活動も環境省に取り上げられるなど、少しづつ認知されるようになってきました。

この花のようにコツコツと広めたいと思います。





当たり前のことですが、プラスチックリサイクルを考えるとき、最終的に製品化されるまでの環境負荷を考えなければなりません。

それが、他国であればなおさらのこと、当社では国内リサイクルはもちろん、グローバルリサイクルにおいても、その土地が汚れないようにすることを意識する必要があると思います。

輸出する際にも、他国で汚染が起きないレベルの品質が不可欠だと、「資源プラ品質」で管理を行なっております。

>> 資源プラに関してはこちら、
資源プラサイト
Loading...

ページの先頭へ