株式会社パナ・ケミカル

お電話でのお問い合せはTEL.03-3302-7531

  • お知らせ
  • パナログ
  • お客様の声
  • FAQ
  • お問い合わせ
  • 小さな企業がつなぐ、大きな環の物語
  • 会員ページ

株式会社パナ・ケミカル

  • お知らせ
  • パナログ
  • お客様の声
  • FAQ
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせ



業務拡大により、二年ぶり
セールス職 営業事務 募集中!




ヒューマン企業で世界と繋がる仕事!

資源循環型の社会を日本から世界に発信!
「小さくて強い会社」でグローバルに活躍!

取り扱う資源は、月間7000t(トン)と業界シェアトップクラス
取引先は国内2000社、海外50社。今後更なる需要が見込まれるなか
事業展開も加速化し、社内体制の強化が必要となりました。

会社自体は少人数で運営するコンパクトな組織。
実際、社員の殆どが異業種からの転職者です。
「働きやすさ」は勿論ですが、「働きがい」という面でも
社員の充実度・満足度が高いです。



・裁量を持って仕事ができる。
・プライベートも大切にできる。など
できることが(チャレンジも)いっぱいの職場です!

────

詳しくは採用ページまで!

採用ページ



倉庫展示会も23回となり、開始から10年あまり、参加のべ人数が800名となりました

今回は中国ナショナルソード後ということで、古紙ジャーナル社、本願先生をお招きしたセミナーも行われました。

マーケットの大きな変化の波がきているということで、沢山のお客様と情報共有ができたと思います。









当社の倉庫展示会紹介サイトへ

倉庫展示会紹介サイト

昨年の「資源プラ」の考え方などについて、代表の犬飼が化学工業日報社に(www.chemicaldaily.co.jp)インタビューされました。


昨年の中国再生資源輸入制限「ナショナルソード」の経過や当社が「資源プラ」の狙い、「一般社団法人 資源プラ協会」の発足などについて、化学工業日報社(www.chemicaldaily.co.jp)紙面にて紹介していただきました。





資源プラの活動は、5年の準備期間を経て、2018年8月7日「一般社団法人 資源プラ協会」になりました。



もちろん、パナ・ケミカルも幹事企業として、一般社団法人 資源プラ協会に参加しております。

5年前に、小さな試みから始まった活動は、環境省やマスコミにも取り上げられ、一般社団法人化されました。

今後、会員制度や認定事業も行っていく予定ですが、まずは、「資源プラ」という名称と、概念を世の中に広めて、国内だけでなく国際的にも認められる基準として、資源プラの流通が活性化する活動を行います。

資源プラとは、再生プラスチック原料(ペレット)と、いわゆる廃棄されるべき原料、廃プラ(ゴミ)のに存在する「品質間のあるプラスチック資源」のネーミングと規定です。



今後とも様々な発信にご期待下さい!

資源プラ協会サイト(準備中)



9月26日から始まります「フートディストリビューション 2018」出展いたします。

フートディストリビューション 2018

弊社ブースでは、2018年、大きく変化したプラスチックリサイクル業界において、資源プラリサイクル、発泡スチロールリサイクルのご提案や、新しいリサイクル処理機のご紹介いたします。

ご多忙とは存じますが、是非ともご来場ります様、社員一同心よりお待ち申し上げてお ります。


会 期:2018年9月26日(水)〜28日(金)
時 間:10:00〜17:00
会 場:東京ビックサイト 東3ホール 小間番号:M-18





平素は格別なるご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

当社では、誠に勝手ながら、夏季休業を下記の通りとさせていただきます。
大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

2018年8月11日(土)〜2018年8月15日(水)

※休暇日程8/14⇒8/15迄へ変更となりました。
※休暇中のお問い合せにつきましては、2018年8月16日(木)以降に対応させていただきます。
返信にお時間がかかる場合がございますがご了承ください。

猛暑の折、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

再生資源越境の日本第一人者であるアジア経済研究所(JETRO)の小島先生の著書「リサイクルと世界経済」が中公新書から出版され、ありがたいことに、資源プラや当社の発泡スチロールリサイクルに関して本書で紹介していただいております。

「廃プラスチックについても、洗浄され、種類ごとに分別されたプラスチックを「資源プラ」と呼ぶことで、未洗浄・未分別の廃プラと差別化を図ろうとする取り組みが始まっている。使用済み発泡スチロールの輸出大手、パナ・ケミカル(本社:東京都)などが呼びかけ、現段階で同社を含め10社が賛同し、業界紙などでも紹介されている。」

プラスチックだけでなく、金属スクラップ、古紙などの変遷や現状を詳細に解説している良書です。是非ご興味のある方は御一読を。







5月22日から始まります「NEW環境展2018」におきまして、当社では資源プラスチックリサイクルと発泡スチロールリサイクルの展示を行います。

資源プラスチックリサイクルコーナーでは、昨年から提案の「資源プラ」というコンセプトでシステムや買取品を紹介するとともに、同一エリアで当社と処理機メーカー8社で形成する「プラスチックリサイクル・ビレッジ」を70小間のスペースで展開いたします。

この試みは、商社とメーカーが連携することで、よりわかりやすく、よりビジネスに結びつく展示をめざした企業コンソーシアムです。

発泡スチロールリサイクルコーナーでは、当社のシステム紹介はもちろん、処理機の実演、発泡スチロール協会の展示など、発泡スチロールリサイクル業界のトップランナーが当社のブースに集結して、総合的な仕組みがひと目でわかるようになっております。

今年からの中国輸入規制で大きく業界が変化している中、ご多忙とは存じますが、是非ともご来場賜ります様、社員一同心よりお待ち申し上げております。


会 期:2018年5月22日(火) 〜 25日(金)
時 間:10:00〜17:00(最終日は16:00)
会 場:東京ビッグサイト 東6ホール 小間番号:U631





当社の展示会



第22回となり、参加のべ人数が800名を越えました。

今回は中国の輸入規制の後ということもあり、お客様と良い情報交換ができました。

マーケットが良いときも、悪い時も、コツコツと積み上げたいと思います。





4/18、横浜で弊社の倉庫展示会が行われました。

当社の倉庫展示会紹介サイトへ

倉庫展示会紹介サイト
Loading...

ページの先頭へ