株式会社パナ・ケミカル

お電話でのお問い合せはTEL.03-3302-7531

  • お知らせ
  • パナログ
  • お客様の声
  • FAQ
  • お問い合わせ
  • 小さな企業がつなぐ、大きな環の物語
  • 会員ページ

株式会社パナ・ケミカル

  • お知らせ
  • パナログ
  • お客様の声
  • FAQ
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせ


5年めとなったプラスチックリサイクル関連企業8社によるコンソーシアム「プラスチックリサイクルビレッジ2017」も好評を博し最後はビレッジメンバー全員で集合写真を撮りました。

プラスチックリサイクルビレッジ2017ではブースの総面積が初めて、70コマを超えて、展示会最大のブーストも言えるまでになりました。

特に今回は、「資源プラ=品質向上」をコンセプトにしたリサイクル処理機や提案が各社からなされました。












<記事関連サイト>

 >> 資源プラホームページ

 >> リサイクルビレッジサイト

2017年5月23日〜26日まで東京ビックサイトで行われた「NEW環境展2017」もおかげさまで無事終了しました。

たくさんのお客様、お越しいただき有難うございました。

今回もプラスチックリサイクルビレッジ2017はじめ、資源プラの展示など盛りだくさんの内容で、展示をさせていただきました。







 >> 当社の展示会の歴史

当社はフィリピン・セブ島の株式会社グーン様 セブ島工場にフラフ燃料リサイクルプラントを納入しました。







この試みは、マテリアルリサイクルではないプラントのコーディネートでしたが、プラスチックリサイクルビレッジメンバーとも協力し、巨大プラントの納入にこぎつけました。



フィリピン・セブ島では、発展途上国では爆発的な人口の増加とともに増え続けるゴミの処分が課題となり蓄積されたゴミは許容量を超えています。

この設備は、これら処分場に持ち込まれるゴミから有価物を抜出し、生活をする「ウェイストピッカー」の問題を改善することにも貢献することになります。

今後も国内、海外問わず、資源プラスチックの有価買取やリサイクル処理機のコーディネートはもちろん、サーマルリカバリーに関する設備のコーディネートや流通へも、独自のノウハウを使い貢献していこうと思っております。





資源プラ研究所

東京駅から徒歩8分、新幹線でお越しの遠方の方にもアクセスのよい日本橋に、「資
源プラ」の情報発信基地ができました。

いま開発の目覚ましい日本橋で、プラスチックリサイクルの最新情報を発信して ゆきます。資源が循環される社会をつくることを目指す方々が集い、気軽に意見 交換ができる場として、情報収集の場として、お役立ていただきたいと思います。

ここからプラスチックリサイクルの未来への道が広がります。





資源プラホームページ

ページの先頭へ