株式会社パナ・ケミカル

お電話でのお問い合せはTEL.03-3302-7531

  • お知らせ
  • パナログ
  • お客様の声
  • FAQ
  • お問い合わせ
  • 小さな企業がつなぐ、大きな環の物語
  • 会員ページ

株式会社パナ・ケミカル

  • お知らせ
  • パナログ
  • お客様の声
  • FAQ
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせ


謹んで新年のお祝いを申し上げます

昨年は、たいへんお世話になりありがとうございました。
今年も昨年同様のご厚情を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。



本年も変わらず、日本発祥の発泡スチロールリサイクルの「J-EPS recycling」や処理するから製造するへのコンセプトの「資源プラ」を中心に、処理機販売から有価買取まで、お客様に、より一層の安心と安全をご提供いたします。

パナ・ケミカルの取り組みにご期待ください。

令和二年元旦

株式会社 パナ・ケミカル一同


平素は格別なるご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

当社では、誠に勝手ながら、年末年始の営業を下記の通りとさせていただきます。
大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

2019年12月28日(土)〜2020年1月5日(日)まで休業させて頂きます。

※ 2020年1月6日(月)より、通常業務を開始します。
※ 休暇中のお問い合せにつきましては、2020年1月6日(月)以降に対応させて頂きます。返信にお時間がかかる場合がございますがご了承ください。


2019年12月5日から始まります『エコプロ2019』におきまして、当社は資源プラ協会と共同で資源プラスチックリサイクルと発泡スチロールリサイクルの展示を行います。

一昨年より中国のプラスチックの輸入規制や近隣諸国での品質の悪い「廃プラ」の規制が強化されているなか、このブースでは発泡スチロールリサイクルはもちろん、「資源プラ」リサイクルのご提案、処理機のご紹介及び、再生プラスチック原料の今後の見通しなど情報交換の場としてご活用いただければと思います。

ご多忙とは存じますが、是非ともご来場賜ります様、社員一同心よりお待ち申し上げております。

会 期:2019年12月5日(木) 〜 7日(土)
時 間:10:00〜17:00
会 場:東京ビッグサイト 西2ホール 小間番号:2-043

https://eco-pro.com/2019/
エコプロダクツ2019



先日、一般社団法人資源プラ協会のメンバーと合同座談会を行いました。様々な企業の方にお集まりいただきました!



昨今は海洋プラ問題の影響で、ミックスプラや汚れたプラを輸出していた「廃プラ輸出」と、弊社が実践してきた「資源プラ輸出」が混同されることが多く、日本の重要な資源とも言える「資源プラ輸出」を再認識していただく活動を多く行なっております。

資源プラ協会は、主に資源プラという言葉や考え方の啓蒙や、認定制度などを行う一般社団法人で、当社も設立から関わっています。
活動に賛同していただいているリサイクラーや処理機のメーカー、処理業者などが加盟しています。

プラスチックリサイクルが注目を浴びる中、今後もこのようなコラボ企画が増えそうですね。

資源プラ協会サイト


平素は格別なるご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

当社では、誠に勝手ながら、お盆休業を下記の通りとさせていただきます。
大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

2019年8月10日(土)〜2019年8月14日(水)

※ 休暇中のお問い合せにつきましては、2019年8月15日(木)以降に対応させていただきます。
返信にお時間がかかる場合がございますがご了承ください。

猛暑の折、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。
化学工業日報に当社の発泡スチロールの仕組み「J-EPS recyclig」が紹介されました。


<<記事>> 化学工業日報 2019年4月22日



発泡スチロールを熱溶融しインゴット化する独自のリサイクル方式は、日本の築地市場から生まれました。

40年前、東京築地市場から世界初、日本独自の発泡スチロールリサイクルシステムは始まりました。

このシステムは、長年関わる人々の努力によって、全国2000社、年間3万トン、業界シェア80%という全国発泡スチロールリサイクルシステムへと成長しプラスチックリサイクルの優等生とも呼ばれています。

現在、この方式は海外でも採用され、大きな評価を受けるようになりました。

日本発のプラスチックリサイクルとして認知されるようになったこの日本生まれのリサイクルシステムをわたしたちは「J-EPS recycling」*と名付けました。
* EPS(expanded polystyrene)発泡スチロール 




平素は格別なるご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

当社では、誠に勝手ながら、ゴールデンウィーク中の営業を下記の通りとさせていただきます。
大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

2019年4月27日(土)〜2019年5月6日(月)まで休業させて頂きます。

※ 2019年5月7日(火)より、通常業務を開始します。
※ 休暇中のお問い合せにつきましては、2019年5月7日(火)以降に対応させて頂きます。返信にお時間がかかる場合がございますがご了承ください。

私たちが、40年前に築地市場で始めた発泡スチロールリサイクル。



発泡スチロールを1/50に熱溶融、インゴット化(塊)し、マテリアルリサイクルをするという仕組みは、2000社に採用していただき、月間3000トンの大きな社会システムとなっております。

そして、そのユニークなシステムは、海外でも徐々に広がっています。

私たちは、日本から始まり世界で採用されている「日本発祥の発泡スチロールリサイクルシステム」を「J-EPS recycling」と名付け、広く知っていただきたいと思っております。



40年の歴史


Loading...

ページの先頭へ