パナ・ケミカルのはじまり。

ある気づきからリサイクル事業へ。

「リサイクル」という言葉がなかった時代。

再資源化のビジネスモデルを考案。

それでも信用されない。覚悟と行動の日々。

軌道に乗るリサイクルシステム。そして海外へ。

パナ・ケミカルだけのこの仕組みは大きく飛躍。

いくつかの苦難をお客様と乗り越えて。

廃プラスチックリサイクル7,000トン。

小さくて強い会社を目指して。

  • 人とつながり資源をつなぎ未来へつなぐ